ウォーターサーバーの機能について

自宅用のウォーターサーバーを設置している人も増えているために、綺麗な水を常時使用したいと考えている人にとっては事前に機能を知っておきたいものだと思います。


多くのウォーターサーバーに搭載されている機能としては、冷水と温水の機能ですぐに冷たい水や温かい水を飲むことができます。

ウォーターサーバーの冷水機能はコンプレッサーで冷やすものと、電気で冷やすものがあります。
コンプレッサーを使用するものは、冷蔵庫と同じ要領で冷媒配管を通して循環させた冷媒を流し込むことで水を冷たくできます。



コンプレッサーが使われているサーバーは、短時間で水を冷やすことができる点がメリットです。

電気を使うものは、ベルチェ素材に電気を流すことで冷却作用が働きます。
電気を使う冷却機能のウォーターサーバーは、消費電力は少なくて済みますが、冷却するまでに時間がかかる特徴があります。

クリクラミオのウォーターサーバー

どちらの方法であっても1か月あたりの電気代は、1000円ほどかかるものと考えておいたほうが良いでしょう。

BIGLOBEニュースの情報をご案内しているサイトです。

温水を作る機能としては、電気ポットと同じ方法でサーバーの温水タンクの棒を加熱することで水を温かくすることが可能です。

電気ポットと同様に、温めた水の温度を保つことが可能です。
ウォーターサーバー選びを行うときに、毎月の電気代を節約することを重視している場合には、省エネ機能が搭載されているものがおすすめです。

省エネ機能が付いているサーバーであれば、電気代が3分の1ほどに節約できます。