ウォーターサーバーで飲める水の種類

おいしい水を自宅でいつでも飲みたいと思ったときには、ウォーターサーバーが便利です。
ウォーターサーバーを設置したいと考えたときに、気になるものとしては水の種類だと思います。



ウォーターサーバーに使用されている水の種類は、天然水とRO水の2つが代表的なものとして挙げることができます。


自分の好みでどちらの種類の水でも選ぶことが可能で、多くの場合でどちらかの種類の水しか取り扱っていません。


天然水は地中から湧き出している天然水をろ過して、殺菌してから天然のミネラルを残す形で飲めるようにしている水となります。

クリクラミオの口コミ情報に関する情報を公開中です。

天然水といっても湧き出している水をそのまま飲むわけではないですが、土壌で数百年以上も時間をかけてろ過されている水ということで、本来の味を残しながら浄化と殺菌されています。
RO水は、逆浸透膜と呼ばれる極細フィルターでろ過した水となります。

産経ニュース情報の理解したいならこちらのサイトです。

フィルターを通過した水は、不純物やミネラル成分などが取り除かれており純水に近い状態になっている水です。
水の成分をろ過していまうことから、元々の水はどこのものでも関係なくなります。


ろ過を行った水は綺麗な状態ですので、人工的にミネラル成分を添加する形で栄養やおいしさを加えている水となります。


市販されている水は日本や海外から輸入されたものがありますので、種類が豊富です。

ウォーターサーバーで飲める水は、天然水であれば国内の産地から運ばれているものがほとんどで、国内には硬水の天然水が無いために、ミネラルウォーターの水の全ては軟水です。